GDPR の 6 年間: 広範囲にわたる影響を祝う


Image for the anniversary of the GDPR on 25 May with

2018 年 5 月 25 日に発効して以来、世界中のデータ保護基準に影響を与えてきた一般データ保護規則 (GDPR)は、2024 年 5 月 25 日で 6 周年を迎えます。 GDPR は、個人データのセキュリティと管理を根本的に変えただけでなく、個人の権利を強化し、組織の責任を明確に定義しました。

GDPR以前のデータ保護の状況

GDPR が導入される前、ヨーロッパのデータ保護は1995 年のデータ保護指令 95/46/ECによって規制されていましたが、デジタル時代の新たな課題には対応できなくなりました。 デジタル技術の急速な発展と多数の重大なデータ侵害により、より優れたデータ保護の必要性についての認識と懸念が高まっています。 これにより、より強力で統一されたデータ保護法を求める声が高まり、最終的に GDPR の可決につながりました。

GDPR の最も重要な変更とその影響

個人の権利の改善

一般データ保護規則は、個人の権利を大幅に強化しました。 これらには、特定の条件下でのデータ削除の権利、データのポータビリティの権利、および個人データの使用における透明性の向上を保証する拡張アクセス権が含まれます。

明確な同意要件

もう 1 つの重要な変更は、同意要件の再構築です。 同意は明示的、十分な情報に基づいた自発的なものでなければなりません。これにより、個人データに対する個人の管理が強化され、透明性が高まります。

データ侵害を報告する義務

企業は、特定の種類のデータ侵害を 72 時間以内に関連当局に報告する必要があります。 この規制は、迅速な対応を促進し、影響を受ける人々への被害を最小限に抑えることを目的としています。

グローバルな展開

GDPR の範囲は、 EU 居住者からのデータを処理するEU 域外の企業にも適用されます。 この世界的な側面は、規制の広範囲にわたる影響を強調しています。

一般データ保護規則が 6 年前に発効する中、私たちはデータ保護におけるその変革的な役割を引き続き歓迎し、プライバシー権の強化と世界レベルでのデータ フローの基準の設定を認識する必要があります。

将来的には、人工知能や機械学習などの新しいテクノロジーが EU におけるデータ保護の発展に影響を与え続け、新たな規制が必要になる可能性があります。 安全なデジタルの未来を促進し、個人データの保護に対する信頼を高めるには、GDPR の原則に継続的に取り組むことが重要です。

GDPR の歴史に関する詳細情報と最も重要な側面の詳細な説明は、専用ページhttps://www.consentmanager.de/dsgvo/でご覧いただけます。


さらにコメント

Newsletter consentmanager Juni
新しい

ニュースレター 2024 年 6 月

新しいアドオン: プライバシーに配慮した Web サイト分析 6 月のアップデートにより、新しいアドオン「Website Analytics」がアカウントで利用できるようになります。 ここでは、実際のデータ保護と優れたレ […]
Dutch DPA releases Guidelines on Cookie Banners
新しい

オランダの DSB: Cookie バナーと検査の強化に関するガイド

オランダのデータ保護局 (Autoriteit Persoonsgegevens、AP) は、Cookie バナーをデザインするためのベスト プラクティスと、罰金の可能性を回避するために避けるべきことを説明した新しいガイ […]