一般的に

GDPR データ保護担当者: あなたの会社には GDPR データ保護が必要ですか?


GDPR データ保護担当者のグラフィック: 「あなたの会社にはデータ保護担当者が必要ですか?」クリック可能な「記事を読む」ボタン付き。

GDPR の法的条項では、データ保護責任者 (DPO) の任命、彼の立場、任務について 3 つの異なるセクションに分けて詳しく説明しています。 あなたの会社のデータ保護責任者の任命は、GDPR に基づいて任意であるだけでなく、どのような条件で義務付けられるのかという疑問が生じます。

この記事では、この質問に答え、データ保護責任者の責任について詳しく説明し、社内と社外のデータ保護責任者の違いを示します。

データ保護担当者にはどのような仕事がありますか?

GDPR データ保護担当者の役割と責任

データ保護責任者の役割は、会社と規制当局の間の橋渡し役として機能することです。 これはデータ保護管理の中心であり、 GDPRおよびその他の関連するデータ保護法の遵守を監視します。 データ保護責任者は、データ保護に関するあらゆる課題について会社にアドバイスし、従業員のトレーニングなどを通じて予防策を推進できる必要があります。

GDPR に基づくデータ保護責任者は、次のタスクを実行する必要があります

  1. コンプライアンスの確保: 関連するすべてのデータ保護法および規制へのコンプライアンスを監視します。
  2. プロセスの監視: これには、データ処理リスクを評価するためのデータ保護影響評価の監視が含まれます。
  3. 従業員のトレーニングと意識向上: 従業員の間でデータ保護の知識を促進します。
  4. 監督当局との協力:データ保護当局の窓口として機能します。
  5. アクセシビリティとアドバイス: データ保護の問題に効果的に対処するには、DPO がいつでもアクセスできるようにする必要があります。
  6. 記録保持: 組織のデータ処理活動の詳細な記録を保持します。
  7. 利益相反の回避: DPO はいかなる利益相反もあってはならない。

GDPR に従ってデータ保護担当者が必要なのは誰ですか?

すべての公的機関にはデータ保護責任者が必要であり、民間企業はデータ処理活動が特定の基準を満たしている場合、データ保護責任者を任命する必要があります。 個人データを処理していることをすでに知っている場合は、そのようなデータの処理には GDPR に基づいて特別な注意が必要となるため、次のセクションが重要です。

GDPR に基づいてデータ保護担当者が必要になるのはどのような場合ですか?

GDPR に基づく DPO を任命する義務は、企業による個人データの処理が特定の基準を満たした場合に発生します。

  1. 当社の主な活動には、その性質、範囲、目的により、データ主体の定期的かつ体系的な集中監視が必要な活動の実施が含まれます。
  2. 主な活動には、GDPR 第 9 条に基づく特別カテゴリの個人データ、および GDPR 第 10 条に基づく有罪判決および犯罪に関するデータの大規模な処理が含まれます。

さらに、GDPR では、すべての公的機関または組織 (司法活動における裁判所を除く) に対してデータ保護担当者の任命が義務付けられています。

社内または社外のデータ保護担当者?

組織にとって内部データ保護責任者 (DPO) と外部データ保護責任者 (DPO) のどちらが適しているかは、組織固有のニーズとリソースという 2 つの要素によって決まります。 関連する専門知識がすでに組織内に存在する場合、社内データ保護責任者は効率的な選択肢となります。このポジションは、組織の従業員が引き継いだり、効率的に育成したりできるためです。 一方、データ保護の実装に高いレベルの専門知識、客観性、効率性が必要な場合は、外部のデータ保護担当者を選択することが有利になる可能性があります。 認定された外部 DPO サービス プロバイダーである当社のパートナーは、これらの基準を満たす専門的なサポートを提供します。

以下に、両方のオプションの長所と短所をまとめます。

社内データ保護責任者

利点

  1. 会社に対する精通度: 社内 DPO は会社、そのプロセス、従業員についてよく知っているため、データ保護を日常のプロセスに深く統合することができます。
  2. コスト: 新しい従業員を雇用する必要がなく、外部のコンサルティング費用もかからないため、多くの場合安くなります。

短所

  1. リソースとタスクの競合: DPO の追加タスクにより、既存のワークロードの管理が困難になる可能性があります。 新しい従業員を雇用する必要がある場合があります。
  2. 解雇からの保護: 解雇からの保護に関しては法的な特殊性があり、人事決定をより困難にする可能性があります。

社外データ保護責任者

利点

  1. 専門知識: 社外のデータ保護担当者は高度な資格を持っていることが多く、データ保護法の最新の動向について常に情報を入手しています。
  2. 客観性: DPO は、外部の立場を通じて、社内のデータ保護の問題についてより客観的な視点を提供できます。
  3. 受け入れ: 社外のデータ保護責任者は、労働評議会や従業員からより中立的な立場にあると見なされていることが多く、そのためコラボレーションが容易になります。

短所

  1. アクセシビリティ: 従業員は、質問や問題について社外の DPO に問い合わせることを躊躇する場合があります。

社内または社外の DPO の選択に関係なく、企業はデータ保護に対する最終的な責任を負います。 したがって、会社にとって最適なソリューションを確保するために、内部能力と外部オプションの両方を慎重に評価することをお勧めします。

結論

あなたの会社にとってデータ保護責任者 (内部または外部) が最適かどうか、またどのタイプのデータ保護担当者が最適であるかを決定するには、特定のニーズを徹底的に評価する必要があります。

詳細および専門的なサポートについては、外部 DPO サービスの経験豊富なプロバイダーである当社のパートナーの Web サイトをご覧ください。 彼らの専門知識を利用して、GDPR に準拠して企業を効果的に管理し、同時にデータ保護基準を最適化します。


さらにコメント

Newsletter consentmanager Juni
新しい

ニュースレター 2024 年 6 月

新しいアドオン: プライバシーに配慮した Web サイト分析 6 月のアップデートにより、新しいアドオン「Website Analytics」がアカウントで利用できるようになります。 ここでは、実際のデータ保護と優れたレ […]
Dutch DPA releases Guidelines on Cookie Banners
新しい

オランダの DSB: Cookie バナーと検査の強化に関するガイド

オランダのデータ保護局 (Autoriteit Persoonsgegevens、AP) は、Cookie バナーをデザインするためのベスト プラクティスと、罰金の可能性を回避するために避けるべきことを説明した新しいガイ […]