一般的に

Google 同意モード v2 の実装方法


建物の Google ロゴ

Google の公式発表によると、特定の Web サイトやアプリに対する Google 同意モード v2 の使用期限は 2024 年初頭の 3 月に終了します。

専用のGoogle 同意モード v2ページで説明されているように、EEA および英国内のユーザーを対象とするすべての Web サイトとアプリは、Google 同意モード v2 を有効にする必要があります。 最も速くて安全な方法は、 consentmanagerなどの Google 認定の同意管理プラットフォームを使用することです。

このガイドでは、認定同意管理プラットフォームを使用して Google 同意モード v2 を実装する方法、ダッシュボード内の場所、および簡単または高度な実装方法の使用方法を説明します。

時間がほとんどありませんか? Google 同意モード v2 を今すぐセットアップしたいですか?
こちら→ https://help.consentmanager.de/books/cmp/page/working-with-google-consent-mode

Google 同意モード v2 の実装方法

Google 同意モード v2 アップデートには、 EU 独自のユーザー同意ポリシーへの準拠を強化するために導入された 2 つの新しいパラメータが含まれています。 ユーザーは、既存の ad_storage パラメータと Analytics_storage パラメータに加えて、次のパラメータを追加する必要があります。

  1. ad_user_data、広告関連のユーザー データを Google に送信することへの同意を定義します。
  2. ad_personalization、パーソナライズされた広告のオプトインを設定します。

詳細については、こちらの Google 開発者ガイドラインを参照してください: https://developers.google.com/tag-platform/security/guides/consent

ただし、最初のステップは非常に簡単です。ほとんどの作業はconsentmanagerが行ってくれます。必要なのは、ダッシュボードでアクティブ化し、あちこちで数回クリックするだけで完了です。

ステップ 1: ConsentManagerダッシュボードで Google Consent Mode v2 を有効にする
CMP ダッシュボードに移動 → 「CMP」をクリック → 「統合」に移動 → Google 同意モードを有効にする → 必要に応じてページを下にスクロールしてさらにカスタマイズ → 「変更を保存」をクリックします。

ステップ 2: 関連する Google ベンダーを追加する
同意マネージャーで CMPS の下のダッシュボードで、ダッシュボードの左側にある [ベンダー] セクションに移動します → [ベンダーを追加] をクリックします → Google 広告と Google アナリティクスをベンダー リストに追加します → 次に割り当てます ドロップダウンをクリックして、各プロバイダーに目的を割り当てます。ダウンリスト

ステップ 3: Google タグマネージャーで同意を有効にする
Googleタグマネージャーで、管理エリアに移動→「コンテナ設定」をクリック→追加設定で「同意の概要を有効にする」オプションを有効化→タグエリアに移動して各タグの同意の詳細を表示し、タグを更新します同意モードに使用したい。 詳細な手順については、こちらをご覧ください。

ステップ 4: 同意モードが機能するかどうかを確認する
その方法については、詳細なガイドをお読みください。

基本的な実装と高度な実装

Google は、Google 同意モード v2 の一部としてトリガーされる Google タグは、ユーザーの同意決定に従って動作すると説明しています。 Google が提供する 2 つのオプション (基本実装と高度な実装) を使用して、これらのタグをどのように動作させるかを正確に決定できます。 主な違いは、Advanced 実装では GA4 の動作モデリング機能が使用されるのに対し、Basic 実装では使用されないことです。 行動モデリングでは、Google は機械学習を使用します。これは、分析目的で Cookie を拒否するユーザーの行動が、分析目的で Cookie を受け入れるユーザーの行動としてモデル化されることを意味します。 このデータの収集に依存しているユーザーにとって、これは追加の利点となる可能性があります。

Basic 実装では、すべてのタグも「ハード ブロック」します。これは、同意が与えられるまでタグが永続的にブロックされることを意味します。 違いについて詳しく知りたい場合は、こちらのガイドをご覧ください

Google 追加同意 v2 (AC2)

追加の同意 v2 にはさらに変更が加えられ、2023 年 12 月 6 日にすでに導入されました。 Google は、ベンダーをサポートするために、主に同意文字列に関連するいくつかの追加の同意仕様を追加しました。 これらの追加の同意仕様は、CMPS と、上で動作するベンダーに追加の同意を追加したいパートナーを対象としています。 Google アドテク プロバイダー リスト (ATP)、ただし、IAB Europe Transparency & Consent Framework (TCF) v2 と併用するための IAB Europe Global Vendor List (GVL) にはまだ掲載されていません。

Google の追加同意 v2 (AC2) の完全な仕様は、ここでご覧いただけます。


さらにコメント

Digital Services Act

デジタル サービス法 (DSA) はあなたの会社にも適用されますか? オンライン プラットフォームには追加の義務があります

デジタル サービス法は、オンライン プラットフォームに対する追加の透明性要件を定めています。 DSA に基づくオンライン プラットフォームの定義は、あなたのビジネスにも適用される可能性があります。 その結果、DSA の追 […]
A picture of a cookies with a red circle in the middle and the caption 1st party cookies and 3rd party cookies
新しい

サードパーティ Cookie の削除と CMP 同意範囲設定の調整

今後のサードパーティ Cookie の廃止は、 consentmanager の同意スコープの使用に大きな変更を意味します。 6 月以降、 consentmanager はドメインconsentmanager.netにサ […]